2013年10月の記事一覧

乙武洋匡講演会 "子どものためにできること"

神戸に住む娘が通う大学で保護者懇談会があり、その中で【五体不満足】の本で有名な

乙武洋匡さんの講演会があるということで主人と二人で早朝から、神戸に向けて出発~♪

娘の大学に行って、講演会を聞いてきました。

20101219_1920787.jpg

子育ては、自分の中ではほぼひと段落したとおもっているこの時に、まだ子どもの為に

何かをしてあげられるものなのか?それとも、これからの社会にむけての自分の役割がまだ

あるものなのか?と、大学での講演会ということで興味があり参加。

あっという間の一時間半でした。

主人と育ててきた3人娘の子育てを、改めて見つめ直すきっかけともなり、今までしてきたことが決して

間違っていなかったと実感できたこともひとつの安心。 社会に出ていける人に育ててきた自分達の時間が

有意義であった事もあらためて感じられました。

大学を卒業して翌年、結婚、そして、24歳で出産をし3人の娘を20代をすべて子育てに費やしてきた私・・・。

女の子を授かったときから、自分の手元から巣立つ時を考えて子育てをしてきました。

私が、教えることはもう無い!といえるくらい色々な事を伝え、教え、厳しくしつけても来ました。

成績で強くしかることは、ほとんどしてはこなかったけれど、人としての大切な心を育てることに関しては

厳しくしかることも度々・・・。自分で考え、自分で判断し、行動する!ということにかけては、

しっかり教えてきました。

乙武さんも、ご自分の子供さんの子育ては、義務教育まで!と奥様と決められているそうです。

義務教育のあいだに、自分で考え判断し、自分自身でどのように生きていきたいかを考えさせるように

日々教育をされているようです。(共感)

681.jpg

今の子どもたちは、指示待ち族が多く、自分で自分の行動を判断できない子が多いのが難点。

休み時間になっていても、トイレに行ってもいいですか?と聞きにくる生徒も多いようです。

一人になることへの不安や、人と同じでいなくてはいけないという同調的考え、自分のことを

自分でわからない子どもは将来への夢や希望を持てと言っても、正直難しい。

人は、みんな違ってみんないい♪ そんな気持ちを持てる人に私たちも、これから関わる

お客様の子どもさんへ伝えていきたいな~と改めて思いました。

人生がときめく片付けの魔法

先日、女性を虜にした167万部超えのベストセラーの
生活実用書がまさかのドラマ化されました。

タイトルは、「人生がときめく片付けの魔法」!

今、まさに掃除・片付けをすることで自分自身の生き方も変わるもんだな~と

キレイコンシェルジュになってヒシヒシと実感しているときのこのドラマ。キャ~~♪♪♪

なんだか一年前の自分の家への向き合い方と、今の自分の家への向き合い方を

実写化してもらえたような気分になりました!

05.jpg


キレイコンシェルジュの2級を取得して、このお仕事を通じてもっともっと家への向き合い方を知って

もらって気持ちよくキープキレイな生活をしてもらいたいと願っている私たちキレイコンシェルジュ。

"お家"の在り方は、あなたの生き方そのものを投影します。
だからこそ、「片づけ」は自身を見つめる大切な作業。
「片づけ」を通して、自分の内面と向き合えれば、
その先には、きっと、素敵な明日が待っていますー。

という言葉どうり、自分の心の中を表しているのだと言うことをわかりやすく伝えてくれていて

もっともっとこの想いをつたえていきたいと活力が湧いてきました~

片づけにより、「モノ」と向き合うことで「自分」と向き合い、
自分に何が本当に必要か、何をやるべきかに気づく。

まさにこれこれ! 今、やれることをやりましょう!

10月4日 お掃除Cafe!

毎月恒例となった【お掃除Cafe】

今回は、私が担当です! テーマは、収納〈住所を決める〉上手になろう♪ です。

花工房フィセルの穏やかな空間で、お茶をいただきながらのお掃除トーク。

毎回、色々なお掃除の仕方や疑問、みんなはどうやってるんだろう?という素朴な質問が

飛び交い、お掃除で苦労しているのは自分だけでない!という安心感と、みんなはこんな風にしてるんだ~

という発見もあり、お掃除・片付けの意味と気持ちの入れ方がかわってきます。

1-1-1.png


これから、寒くなって大掃除という、一年の締めくくりが近づいてきます。

年末が、楽に楽しく年を越せるように今から準備していきませんか?

ぜひ、お掃除Cafeにいらしてくださいね~。

場所:花工房フィセル     倉敷市児島駅前  

時間: 10:30~11:30   お時間のある方は、美味しいランチもぜひご賞味あれ~