2015年3月の記事一覧

最高にHappyなお誕生日!

人生で最高に幸せだと感じたお誕生日。

45歳になったことは、正直嬉しくは無いけれど、でもこんなに幸せだな~と感じた誕生日は今年がはじめてで

感動の連続でした・・・

o0800060912596601784.jpg

まず、目覚めたらダーリンからベットの中で、「お誕生日おめでとう」とひとこと。

それから・・・

朝からラインが、「キコ~ン!」と何度も何度も鳴る。

次から次へとお友達からの、おめでとう のメッセージ。

覚えてくれていたことも、フェイスブックや、ラインでメッセージを送ってくれたことも本当に嬉しかった。

春休み生まれの私は、幼稚園や小学校でクラスでお誕生日を祝ってもらう事が少なくてこの日の生まれを

喜んでなかった。春休みの上に、クラス替えになる悲しさ。。。

でも、この歳になってこうやってメッセージだけでなくサプライズのプレゼントまでもらっちゃった。

今日は、お友達がお誕生日会まで☆

DSC_0136.JPG

倉敷の収穫月(みのりづき)さんで、ランチと聞いていたのに、最後のデザートにバースデープレート!

「キャー♡♡♡」  ピンクのハードのキャンドルが灯されてきたときは、言葉が無くてただただ感激!

本当に今の出会いに感謝です。

やっぱり人の優しさ(愛)は、いつになっても嬉しいうえに生きる活力になりますね!

実体験で再認識できました!

OPEN! NEW HOUSE☆

いよいよ完成が、近づき4月4日にむけて急ピッチで仕上げにかかっています。

SCN_0001.pdf

イースターイベントが最初のお仕事!

お天気が心配だけれど、憧れの事務所で皆さんとおしゃべり出来ることが何よりの楽しみです。

IMG_20150326_235005.JPG IMG_20150326_235107.JPG

桜のお花がどのくらい咲いてくれるかな?

つくしは、今がベストなのでちょっと4日までは、待ってくれないだろうけれど、春を感じていただけることは間違いなし。

絶対にこの機会に遊びに来て下さいね~

出逢い そして 別れ・・・

私が、木工の楽しさと出会ったのは、今から13年前。

今年大学生になる娘が幼稚園の年中のバザーがきっかけでした。

今は亡き主人の父から、2人の友人と共に毎日毎日、木工家具の製作の仕方を教えてもらったことで

私たち3人の仲間は、とても仲良くなり、製作する事が生きがいとなり、今でもずっと木工が

心の支えともいえる大切な存在になりました。 

2008-28-hok-ni-yunosato_desk.jpg

毎日、3人で製作をしている作業場に声をかけてくれたおばあちゃんがいました。

名前は、「竹ばあちゃん」。

細い身体なのに、とてもパワフルで、当時インパクトや押し切りを平気で使って私たちの作業を

ずっとそばで見守ってくれていた元気な竹ばあちゃん。 

自然のことや、色んなことを語ってくれて

自分の生き方を見つめ直すきっかけになったとても大きな存在でした。 

その元気な竹ばあちゃんが・・・

「昨日、亡くなった」 と、今朝主人から連絡が入りました。

私達にいろんな木の事や、製作のことを教えてくれた父も他界し、

そんな私達をずっと見守ってくれていた「竹ばあちゃん」も、天国へ。。。

ずっと居るのが当たり前に感じていたけれど、

今の私を作りだしてくれた大切な2人が、もう帰ってこない旅に出てしまって、感謝とともに

ぽっかり穴があいたような気持ちになり、悲しくて悲しくて。。。

angel2.pngangel2.png

この2人は、いつもどんなときも笑顔が素敵で、涙のにあわないひと。

大切な2人から教えてもらった木工は、私の一生の宝物。

わたしも、人にそんなことが伝えられるひとになりたい。

じいちゃん! 竹ばあちゃん!  私は、これからも作り続けます!

いきる・いのち・いってきます・いってらっしゃい

東日本大震災から早いもので4年・・・。

朝、学習支援にいくと校庭に、半旗が掲げてあり、そっか・・・今日か・・・。

DSC_0010.JPG

ちょうど4年前、お仕事の途中で瀬戸大橋を四国から渡って戻っていた時のことでした。

仕事中で情報から離れていたので最初に知った時はなんのことかわからなかったけれど、

よくよくテレビのニュースをみて愕然。 

あの一瞬から、人生感が大きく変わったのは、言うまでもありません。

いま、ことだまを学び始めて気づいた事は、生きるも、命も、いつくしむもすべて「い」から始まる。

そういえば、「いってきます」「いってらっしゃい」 も同じく「い」。

強い"ことだまパワー"が秘められているそうです。 

「いってきます」

昔は、旅をするのも命がけたったために、《今から出かけます。必ず帰ってきます。》との誓いをこめた言葉。

「いってらっしゃい」

《行って、無事に戻ってきてください》という意味が込められている

気功の世界でも 「い」は、

垂直にたつ力を持ち、天とつながる。運がよくなる。

と、されているんですって。

毎朝、娘が元気よく「いってきます!」 といって学校にいくけれど、

私も心をこめて「いってらっしゃい」と見守りたい☆ 

T37.jpg


いきている、いのちがあるからこそ言える大切な言葉。

贈り物の大切さ。。。

このところ、贈り物「プレゼント」が、続けて届きなんだかとってもピンク色な気分。。。

玄関に、友人から白い箱にはいった贈り物が置かれていました。

2度も別の友人からの続けての贈り物に、本当に嬉しくて感動と感謝でいっぱい。

DSC_0006.JPG メッセージとともに大好きな和菓子が入っていました。

「プレゼント」という言葉ですが、

語源を調べてみると、2つの説があるそうです。

 

ひとつは、「PRE=予め用意した物をSENT=渡す・贈る」というもの。

「その人を想い、時間をかけ準備したものを贈る」という意味。

 

 もうひとつは、「PRESENCE=存在」という言葉。

自分の存在を相手に伝えるメッセージとして、

「あなたを想う人間がここにいます」という意味。

調べてみるとこう書かれていました。

プレゼントとは単に物を送ることではなく、

人の心が、自分の愛の気持ちを自然に表したいと生まれた方法で、

その人の深い思いがおこした行動なんだと思います。

高価なものや、形にこだわったものでなく、

自分がその人にも見せてあげたい!食べてもらいたい!分かち合いたい!と

いう素直な気持ちが、一番嬉しいと改めて感じました。

今年は私に強く影響を与えてくれるというヤ行のお友達に心から感謝です。

ありがとう☆

 

 

 

突然!届いたラブレター♡♡♡

DSC_0001.JPG   sumire18.gif   DSC_0003.JPG

今朝、新聞を撮りにポストへ行くときれいな文字で書かれた封筒が一通。

義母が、ラブレター♡届いてるよ!

 と一言言って仕事に行きました。

「???」

私にラブレターなんて、主人もそんな小細工するようになったのかな?(笑)

なんて想いながら

封筒をみたら見事な美文字!

 誰だ?

ドキドキしながら、封筒をあけてみるとお友達からのカードでした。

感動と感激でしばらくボーッとしてしまって久しぶりに青春時代に戻っちゃいました。

私にとって、とても嬉しいメッセージがぎっしり☆

何度も何度もカードをひらいてみちゃうくらい、やっぱり手書きのカードの嬉しさと

いつもあっている友達でも、あらためてこんな言葉をもらえると

「キュン♡♡♡」        s_20120129AR.jpg

いつも見てくれている人がいるって、こんなに嬉しいんだ...と、あらためて感じました。

大好きなスミレのカードのお陰で、大切な物、大切な事に気づかせてもらいました。

itemphoto01.jpg 一枚のカードは、私にはひとつの花束に感じました。

スミレ(ニオイスミレ)花言葉・・・誠実な愛・信頼・謙虚・控えた美しさ・小さな幸せ

カードを下さったKさん!  本当に本当にありがとう☆ とても幸せな朝でした。

ことだま教室 3回目! 

花工房"フィセル"さんで、今年の1月3日から毎月第一土曜日に開催されました

【☆ことだま教室☆】に行ってきました。

"言霊"ことだまっていう言葉は、たくさんの方が聞かれたことがあると思うけれど、

実際にあ~んの50音の一文字一文字の意味は、あまり知られていないはず。

なぜか、ずっと言葉の意味に興味があって年始早々、ことだま教室に飛びついちゃいました。

そして、、今日が3回目。

今日の言葉は おひなまつりにちなんで、《ひ》 《な》 《さ》。

それぞれの文字の意味をしりながら、日本人の心の在り方までわかる恐ろしい言葉の意味に

鉛筆ダコが出来るくらいノートに書き込んじゃいました。

hanami_family.png この光景にも意味があったなんて・・・(感動)

日本のお花見といえば《桜...さくら》。 これも、すごく深イイ話があったんですよ~♪

 日本人スゴイ!

その後、彩りあるおひなまつりにちなんだ美味しいランチをいただいてお腹もまったり満腹に!

1425719284057.jpg

わたしの名前にたくされた使命を知ることが出来て、ますます家創りへの想いもヒートUPしました。

真を伝える《ま》 浄化し、育てる意味をもつ《み》のお役目を今年は、ひとつひとつお客様に

伝えていきたい。私が、本当に伝えたいこと! 

それは、耐震・耐久性・高気密・高断熱のような競い合うような性能評価ではない。

今の建材は、どの建材も素晴らしいものばかり。それにばかり目を奪われて、情報にまどわされて

そこで暮らす家族のことを忘れていませんか?

家は、そこで始まる暮らしのベース。いくら機能や性能にお金をかけても、そこで生活する家族が、

みんな心地よく感じられる空間でなければ意味が無い。

不自由な間取りや、間取りに自分達をあわせるのではなく、自分達の暮らす生活のために家が

できていなくては、居心地のいい家とは言えません。

これを感じてもらえるイベントを今年は、ぜひチャレンジしていきたい!と 今日は、それを誓う日になりました。

ありがとう~☆  "ことだま~♪" "あんとみさ~ん♪"