気がつけば・・・☆

次女が、大学進学を期に県外へ出て一人暮らしをすることになった。

長女がすでに県外での学生生活を満喫しているのを見ていたため、本人はさほど不安は無いようだけど

実際に家事のすべてが自分の身にふりかかるとなると、やっぱりその事に関しては自信が無い様子・・・

女の子は、自分の憧れのお部屋のイメージを持っていて、そんな空間の中で暮らしたい!と

願うもの... でも、実際に色々揃えていくとお金もかかる。

いいものばかりを買うのでは無くて、うまくアレンジすることで、手ごろなものもばっちりいい感じに

しあげていく!これが、私たちの日常のお仕事! これは、子どもへの腕の見せどころ☆

普通の平凡なアパートが、女の子のお部屋になり大満足の様子。

girl-suwaru-420x420.png

扉を開けるのが楽しくなるようにテーマを決めてお部屋をつくると、無駄な物を買わなくなった。

気がづけば、はやく家に帰りたい・・・と、言うようになって、

アパートだけど自分の気持ちのいい空間に早く帰りたい!と。  ヨシッ!

これを機に断・捨・離をし、新たな自分をスタートさせて次女。

たくわんの素敵な人との出会いを願い、お部屋を創り上げていく、これは

親の最期の仕事かな。。。(涙)

 でも、そこまで成長してくれたことを実感できていい機会になりました。